2012年12月14日

くどいようですが、直箸のリスクその2

取り分け箸の習慣は、可能であれば、できるだけ長く続けられた方がいいですよ〜という記事を「虫歯予防」と「食物アレルギー発症予防」という二つの観点から記事を書かせていただきましたが、実はもう一つ別の観点から、そうした方がいいよという記事を書かせていただきます。
それは何か?
「母子感染予防」です。
何の母子感染予防かと申しますと、サイトメガロウィルスです。
あまり聞き慣れないウィルスですが、これはトキソプラズマとともに、現時点では予防のためのワクチンは無く、確たる治療法も無い感染症です。
実は、妊婦さんの30%はサイトメガロウィルスの抗体を持っておらず、妊娠して初感染すると、おなかの赤ちゃんの40%に感染してしまうと言われています。
勿論、おなかの赤ちゃんが感染したからといって、必ずサイトメガロウィルス症の発症するわけではありません。
しかし、生まれた時は何の症状もみられなかったのに、赤ちゃんの成長と共に、脳や肺や聴力などに障害があることが顕在化してくることもあるそうです。
感染経路は、乳幼児(おなかの赤ちゃんの兄姉ですな)が何処かで感染することから始まります。
症状は軽く、主に風邪症状で重症化することはありません。(なので、気がつきにくい。)
サイトメガロウィルスは、感染した乳幼児のおしっこや唾液といった体液に含まれるため、感染のタイミングはおむつ交換の後や食器の共用等の際だそうです。
サイトメガロウィルスの潜伏期間は20〜60日とかなり幅があります。

感染経路を断つことがサイトメガロウィルスの最大の防御策なので、妊娠の可能性があるor妊娠中のお母さんは、おむつ交換の後の手洗いは念入りに行うことと、乳幼児の飲食し残したものを口にしない・直箸を含む食器の共用を避けることに注意を払ってくださいね。

追記:まず、サイトメガロウィルスの抗体価は、妊婦さんであれば産婦人科のドクターにお願いして妊娠初期の血液検査項目に加えてもらうようお願いするのがスジですが、万一「必要ない。」と一蹴されたor拒否られた場合は、お近くの開業医さんに事情を話し、お願いして調べてもらうのも一手です。(内科でも受けていただける筈です。)
また、文献によっては、お母さんに抗体があっても再感染することもあるという報告も掲載されています。
但し、一人目さんの妊娠時、お母さんが感染し、おなかの赤ちゃんも感染し、出生後重症だったとしても、二人目以降は、症状が出なかったというケースもあり、既感染による母体の免疫獲得は、症状緩和に役立つと考えられているそうです。
posted by SOLANIN at 00:00| Comment(12) | 母子感染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SOLANINさん

アメブロ閉鎖の件、大変驚きました。
ひどいことがあるのですね…。

愛読し始めて間もなく3年(=来月長女が3歳になります)、どれだけ助けられてきたかわからない最強母乳外来、現在7か月の次女とともにタンデム授乳中なので、これからもお世話になります。
また記事を楽しみにしています。
めげずに頑張ってほしいとお願い申し上げます。
SOLANINさんは育児中の母親の力強い味方なのですから!!!後ろには沢山の支持者がいることをお忘れなく。
Posted by ムツ at 2012年12月14日 06:31
SOLANINさん

大下先生のところから探して来れました。

アメブロの件、ひどいですね。
私たちもショックですが、誰よりもSOLANINさんが心を痛めておられるのでは・・・と。

二歳半になった息子はまだまだおっぱい大好きで、生後二ヶ月からの保育園通いも、おっぱいトラブルを乗り越えられたのも、最強母乳外来のお陰です。

これからも宜しく御願いします!

Posted by ぴろこ at 2012年12月14日 09:38
はじめまして
ずっと最強母乳外来を愛読してました。
このようなことになってしまい残念ですが、これからもよろしくお願いします。

この記事の内容をSOLANINさんに伝えて欲しいなぁ…と思ってた所、ちょうど記事にしてくださっていたので、嬉しくて思わずコメントしてしまいました。

知的障害に関わる仕事をしてます。
「こんなリスクがあること知ってたら、箸分けたのに…」っていうお母さんに出会ったことがあります。
知らなかったじゃ遅いんです。
悲しい思いをする人が減るように、たくさんの人に知ってほしいと思います。

ありがとうございました。

Posted by やっこ at 2012年12月14日 09:58
初めまして。
「最強母乳外来」は、三女を妊娠中に出会い、
三人目にして、初めての母乳育児が出来ています。
これも、SOLANINさんのお陰です!

アメブロのチェックリストから、ブログが無い事に気づき、
慌てて検索をし、ここに辿り着きました。

アメブロの件、とても酷い事ですね。
一番ショックを受けたのは、SOLANINさんですよね・・・・・
大変な状況の中、SOLANINさんが、
この「最強母乳外来リターンズ」を立ち上げてくださり、
とても嬉しく思います。有難う御座います。
これから、大変な事もあるかと思いますが、
記事を楽しみにしています!
そして、これからもお世話になります!
宜しくお願いします。
Posted by NOZOmama at 2012年12月14日 10:28
記事と関係がないのですが、コメントさせて下さい。

現在、アメブロのぐるっぽ「母乳育児「最強母乳外来」愛読者の会」のメンバーの雄志で、最強母乳外来の過去記事を守りたいということから、グーグルのキャッシュを使ってバックアップをとる作業をしています。

SOLANINさんのところにもバックアップはあるかもしれませんが、全部はないかもしれない、アメブロは復旧に力を貸してくれないかもしれない・・・そこのところの情報がないので、とりあえずキャッシュすらも見られなくなってからでは遅いなと思い、このような動きになっています。

SOLANINさんに対しては事後報告になってしまってすみません。すぐには無理だと思いますが、何らかの形で過去記事を掲載し、また多くのお母さん達の力になってほしいというのが私たちの願いです。
Posted by しましま at 2012年12月14日 15:11
こんばんは。
この度は、突然のことで驚き心配しておりました。
こちらのブログで「最強母乳外来・リターンズ」として育児ママの為、早々に再開されたことに「さすが!solaninさん!」という嬉しい気持ちでおります。
お忙しい中、突然の災難に見舞われながらも懸命に母乳育児の推進・支援に取り組まれるお姿。尊敬いたします。
お身体に気を付けて頑張ってください。
 
Posted by Cカーブおやすみたまご at 2012年12月14日 19:18
まさか雨風呂側の削除だったとは…こんなにPVのあるブログを…信じられないです(TT)
頼りにしていた復旧も叶わないとは悲しすぎます(;_・)
一番お辛いのはSOLANINさんでしょうが、おっぱいのお母さん的存在だったので悲しいです。
こちらのブログを応援します!!!!
我が家は相変わらずうちは風邪っぴきで、胃腸かぜ、クループ、に続き今は40℃の熱…。でもおっぱい飲んでくれてるので大事に至らずに済んでいます。小児科の先生も、おっぱいがあるとこうゆうときイイのよ!と言ってくれています。ここまでこれた事に感謝します!
ご飯もおかげで食べてくれるようになりました。薄いお味噌汁とご飯というど定番ですが、孤食を止め、大変だけど一緒に食べるようにしたら美味しそうに食べてくれるようになりました!とても嬉しくて安心しました。
おっぱいでも離乳食でも悩み、助けられたブログです。記事がSOLANINさんの元に帰ってきますように!!!!
長々と失礼しました。
Posted by ずぼらーず at 2012年12月14日 20:39
コメントはお久しぶりですが、約一年前から愛読しております。
突然のことで大変驚きましたが、他人にパスワードを盗まれたなどの事件ではないということでひとまず安心しました。
ですが、削除されてしまった膨大な過去記事…本当に惜しいです。
母乳育児の知識、情報だけでなく、ブログ内でSOLANINさんの紡ぐ言葉ひとつひとつが好きだったし、心に響くエントリーがたくさんありました。
それはきっと私だけではないと思います。

ぐるっぽで過去記事復活のために動きがあるようで、私もできればお手伝いしたいと思っています。
全てとはいかなくても、できる限り記事が戻ってきますように。

また、早々にこちらでも新規脱稿していらっしゃるSOLANINさんのタフさには改めて敬服致します(*^^*)
一歳2ヶ月になったおっぱい星人のわが娘共々、これからも全身全霊、応援させていただきます!!
Posted by ぷっちぃ at 2012年12月14日 20:52
SOLANINさん、このブログに出会えたおかげで現在7ヶ月の娘とラブラブおっぱいタイムを楽しんでいます。

それなのに!あまりのことに、今じわじわと怒りがこみ上げてきて!本当に憤りを感じてます。

ブログ記事のバックアップの動きが出ているようなので、私もそちらに参加してお手伝いしたいと思います。

どうかこれからもたくさんのママ&赤ちゃんのためにブログを書き続けてください。

(文章がまとまっていなくてすみません。)
Posted by みゅうみゅう at 2012年12月14日 21:13
この記事について質問です。普段にましてお忙しい時期だと思いますので、そのうちにでも答えていただけたらうれしいです。

サイトメガロウィルスについては以前テレビで見て関心がありました。

【質問1】
妊婦が初感染すると胎児に影響するかもしれない、ということですが、妊娠前に感染して抗体を持っている場合は妊娠中はまったくノープロブレムなんでしょうか?たとえば、サイトメガロウィルスに感染している上の子がいて知らないうちにママが再感染しちゃっても、ということです。二人目を希望しているので、とっても気になります。

【質問2】
妊婦検診ではトキソプラズマの検査(任意)はありましたが、サイトメガロウィルスはありませんでした。抗体を持っているか検査したい場合は病院の何科にかかるのがよろしいのでしょうか?非妊娠時に検査しておいたほうがいいですよね。
Posted by みゅうみゅう at 2012年12月14日 22:19
お忙しい中、質問に答えていただきありがとうございました。

それから、しましまさんのコメントにもありますが、アメブロの記事のバックアッププロジェクトが進んでいます。

SOLANINさんの力になりたいという人がたくさんいますので安心して(!?)どうぞ今までのようにためになる記事をたくさんアップしてください。

明日はハッピーな一日になりますように♪
Posted by みゅうみゅう at 2012年12月15日 01:56
弟が移植手術をした時、サイトメガロウイルスやEBウイルスに感染し、大騒ぎになりました
移植をするまで未感染だったんです
弟は生還しましたが、そういう例は今のところ片手で数えられる程度だそうです
取り分け箸、マナーや虫歯以外にも意味のある大事な習慣だと思います
Posted by 藤宮 at 2012年12月30日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。