2012年12月15日

離乳食のムラ喰いで体重が減った?(10ヶ月)

どちらかというとおっぱいよりも離乳食に興味津々でよく食べる赤ちゃんであっても、発熱や下痢や嘔吐を伴うような病気では無くても、2〜7日間くらいの間、食思不振に陥ることはあります。
中弛みの一種だと思いますが、離乳食の占める割合が多いほど、体重増加度がガクンと落ちたり、体重そのものが微妙に減ってしまうことさえあります。
食べっぷりが今イチであるならば、おっぱいの回数を増やすのが常道ですが、MAXに近い授乳回数(例えば1日16〜20回とかの超頻回授乳)であれば、それ以上のおっぱいセールスは不可能なので、大層心配になるかと思います。
不安のあまり、「いっそミルクでも補足すればいいのかな?」という心境になるかもしれません。
しかし、少なくとも、2回食・3回食まで進んでいて、普段は量的には不足なく食べるのであれば、その必要はありませんよ。
赤ちゃんの身体的な病気でなければ、きっと大丈夫。
辛抱して待ってください。
赤ちゃんの気分的なことが原因ならば、食思不振は上記の期間以上の長期間は続かない筈ですから、やがて反動のように食べ始めます。
そうすれば、体重増加度も一気にグ〜ンと伸び、微妙に減った体重も挽回してくれます。
ご存知の方はまだ少ないようですが、環境が変わったり、食事最中に兄姉が叱られているのを間近でみると、それまでのように喜んで食べなくなることは、しばしば起こり得ることなのです。
特にお引っ越しや里帰りの時は、人間関係も変わるので、繰り返し言い聞かせをしてください。
兄姉が叱られたのに、自分が叱られたと勘違いしているようであれば、「違うよ。」と諭してあげましょう。
posted by SOLANIN at 00:00| Comment(2) | 離乳食(補完食) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもためになる情報をありがとうございます。
うちの1歳1ヶ月になる娘が少し前まさにそんな感じでした。
原因は、食事のとき私が毎回怒っていたからでした。急に食べることに集中しなくなり、食べるのにすごく時間がかかるようになって、仕方ないと頭ではわかっていてもついイライラしてしまって怒ってしまう日が続いていました。そしたらある日、食べているものを戻してしまい。二回も。小児科に連れて行きましたが病気でもなんでもないと言われました。
その日を機に、食べる量が激減し体重も落ちました。授乳もすでに1日2〜3回くらいだったので、食べなくなれば当然ですよね。便通も4日ありませんでした。
ごはんのとき怒らないように、できるだけ笑顔でいるように心がけ、好きなものだけ食卓に並べるようにしたら食べてくれるようになりました。しかも、1歳過ぎてもしなかった手づかみ食べを急にやり出して、自分で食べるようになったのです。今まで食べることが楽しくなかったのだろうなと、本当に反省しました。
長くなってしまいました。すみません(−_−;)
Posted by 市原みさき at 2012年12月15日 10:48
お久しぶりです!
息子は5ヶ月から離乳食を始めて食欲旺盛でどんどん進んでいたのですが、6ヶ月に入ってすぐ風邪を引いてしまい、離乳食を食べると鼻詰まりもあったので苦しくて吐いてしまい、一時中断しました。
最近再開したのですが、前ほど食べる意欲がなく、どちらかというとおっぱいばかり欲しがります。
今度健診に行くのですが、体重もあまり増えてないような気がして、中断したせいかなーと思っています。
この場合も足りなさそうならおっぱいで、気長に本人が食べるようになるのを待っていれば大丈夫でしょうか??
離乳食が進んでいた場合途中では止めない方が良かったのかもと、心配になっていました(´・_・`)
Posted by medical-baby at 2012年12月15日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。