2012年12月13日

くどいですが、直箸のリスクその1

取り分け箸の習慣は、虫歯予防の観点からも、可能であれば出来るだけ長く確実にしていかれることをお勧めしたところ、「そんなに神経質にならなくても母乳育児は続けられるのでは?」「取り分け箸は面倒臭い。」「直箸しててもウチの子は虫歯にならなかったけど。」「保育園や祖父母宅など母親の目の届かない所に預けるので、そこまでの徹底は不可能では?」等々のご意見をいただきました。

勿論、其々のご意見はごもっともです。
SOLANINと同じ価値観の方ばかりではないことは、もとより承知しておりますよ。(笑)
しかし、虫歯予防の観点では直箸することに妥協できる(?)お母さんであっても、重篤な食物アレルギーを持つお子さんのお母さんにしてみたら、直箸は到底容認できないのでしょうなぁ。
だって、重篤な食物アレルギーを持つということは、針で突いたほどの量であっても、うっかりアレルゲンとなるものを摂取することで、アナフィラキシーショックを起こすことに繋がるからです。

例えば、我が子が重篤な卵アレルギーを持っていたとします。
半熟卵のオムライスを食べたお母さんが、自分の使ったスプーンを綺麗に舐め取り、傍目には卵が付着しているようには見えなかったとしても、それを使って我が子に何か食べさせたとしたらどうなるのか?
想像するだに恐ろしい結果が待ち受けているでしょうね。
ってか、出来ないですよ、そんなこと。
世の中には、取り分け箸を徹底しなければならない(≒神経質と笑ってはいけない)お子さんもいらっしゃることを頭の片隅でいいから憶えておいてくださいね。
SOLANINは、食物アレルギー発症予防の観点からも、直箸は避けていただきたいと思います。
posted by SOLANIN at 00:00| Comment(2) | 食物アレルギー関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。